読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる





♪ 春風にのって

このブログ、冬の間ずっと冬眠してたような、、、

さて、桜咲く春にこんな歌ができました。よかったら聞いてみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=vZCeg0llxrQ

この歌は1年前に幼稚園を巣立っていく当時の年長さんに贈る歌として作りました。そのときは卒園式を数日後に控えた年長さんたちの前でギターの弾き語りで歌いました。みんな静かに聞いてくれたのだけれど、わたしが歌い終わってもきょとんとしてる子もいたりして、はたして子どもたちにどんなふうに届いていたのでしょう。

それからこの曲はずっとほったらかしにしてたんですけれど、一度ちゃんとレコーディングしておこうと思い、今年になってから楽曲のアレンジをお願いして、ボーカル録音に備えて歌の練習をしていましたが、この冬は続けて何度か風邪を引いてしまい、ボーカル録りが遅れてしまいました。

なので今年3月に卒園した年長さんが園にいる間には仕上がりが間に合わず、その園児たちの前でも歌うこともなかったのですが、この春4月に小学1年生として新たなスタートを切る前に親御さんといっしょにお家で聞いてもらえたらと思っています。合わせて小さい子どもをお持ちの親御さんや子どもの教育に携わる方たちにも聞いていただけたらうれしいです。

YouYubeにアップしてある映像の歌詞の背景は、先週自宅の裏で「いい天気だな〜 空の青がきれいだな〜」と青空を見上げながら撮影したものです。画面中央上の右寄りのところに、ぼんやりと白い小さな点らしきものがあるのがわかりますか。これはたまたま見つけた昼間の空に出ていた月です。映像だとこの程度にしか映りませんが、肉眼だとお月さまなのがちゃんとわかりました。

 

♪春風にのって


作詞:新井隆人・山賀ざくろ 
作曲:山賀ざくろ 
編曲:井上良博

 

桜咲く春にみんなと出会い
暑い夏にはプールではしゃいだ
空澄む秋は庭でおにごっこ
冬の空っ風にも負けなかったね
季節はめぐり
みんな少しずつ大きくなった

これからはそれぞれの道にわかれるけれど
ここでみんなと過ごしたことを
ずっと憶えていてほしい

小さい小さいきみたちに
大きい大きい夢をたくそう
春風にのってどこまでも
高く高く羽ばたこう

毎日毎日いっぱい遊び
笑いすぎたらお腹が空いた
けんかして泣いて涙がぽろぽろ
先生にはちょっぴりしかられちゃったけど
仲直りして
お昼のお弁当いっしょに食べた

これからもたくさんの友だちができるだろう
でもここで過ごしたみんなのことを
ずっと憶えていてほしい

かわいいかわいいきみたちに
あふれるあふれる愛をそそごう
あの空に向かって手を広げ
遠く遠くかけてゆけ

小さい小さいきみたちに
大きい大きい夢をたくそう
春風にのってどこまでも
高く高く羽ばたこう 
高く高く羽ばたこう


歌詞の中に「ここでみんなと過ごしたことを ずっと憶えていてほしい」とありますが、自分の幼稚園のときの記憶ってほとんどないんですよね。

わたしが憶えていることと言えば、幼稚園の室内に素足でいたときに、床に落ちていた画びょうを踏んでしまい、痛い!と足の裏を見たら画びょうが刺さっていて、血も出ていたのだけれど、そのことを先生に言えず泣きもせず、自分で画びょうを抜いてやり過ごしたこと。

ミッション系の幼稚園だったのでクリスマスにマリアさまの劇をやったこと(何の役をやったかとかは覚えてません)。講堂の舞台上で衣装を着てみんなでそのシーンをやっている様子をぼんやりと映像として憶えています。

遠足で榛名山に行ったときに、どこかの広場での自由時間か何かのときに目の前にいるのが母だと思い、その腰にひょいと両手をまわして抱きついたら、実は他の子のお母さんで、子どもなりに気まずいというかはずかしいようなばつが悪い思いをしたこと。

卒園アルバムに載せる集合写真を撮る日に体調が悪くなってしまい、母に付き添われて幼稚園に行ったら、クラスのお友達が園庭にある横こぎブランコ(数名が一度に座れる横長のブランコ)のところでわたしが来るのを待っていて、わたしをブランコの真ん中の席に座らせてくれたこと。

あとは幼稚園に市のバスに乗って通っていたような記憶があることぐらいですかね。先生やお友だちの顔とかまったく覚えてません。好きな女の子がいたような記憶があるようなないような。

みなさんはどうですか。幼稚園や保育園当時のどんなことを憶えていますか。