読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる





前橋ポエトリー・フェスティバル2014「ダンス・のをあある ~ 朔太郎を踊る」

昨日は5月5日のこどもの日でしたね。

 

幼児などの小さいこどもが描く絵がおもしろいように、小さいこどもの動きはおもしろいです。小さなこどもがからだを動かすみたいにイキイキと自由に踊りたいなと思って、自分なりのダンスなるものを意識し出したのはもうずいぶん前のことですが、これはというダンスにたどり着けたかというとまだまだのようです。

 

今年の9月には5並びの年齢になるんですけど、コント55号や年間55号のホームランを打った王選手をテレビで見て育ったわたしとしては、55歳は何か節目の年になるんだろうかとふと考えてもみました。

 

そう言えばダンスをちゃんと習いはじめて今年の10月で30年になります。とは言えアニバーサリーとして何か特別なことを目論むでもなく、こんなことやってみたいなをひとつひとつじっくりとかたちにしていくのがわたしの性に合っているようです。

 

5月10日から『前橋ポエトリー・フェスティバル2014』が始まります。

http://maebashifes.web.fc2.com/

 

その企画のひとつとして5月18日(日)に開催される「ダンス・のをあある~朔太郎を踊る」に出演します。朔太郎の詩をモチーフに4組のアーチストがそれぞれ15分程度のダンス作品を発表します。

 

わたしは朔太郎の詩集『青猫』の中のふたつの詩にメロディーをつけて歌いながら踊ります。朔太郎の詩はわたしには暗くて重くてとっつきにくくて、これまでちゃんとじっくり読み込んだことはなかったんですけど、選んだふたつの詩にはメロディーをつけるところからがっつり対峙してみました。

 

自分としてはわりとポップな印象!?の朔太郎になったんじゃないかと思います。今は歌とダンスの練習をしているところです。ひとりミュージカルみたいになるのかな。どうぞお楽しみに!!

 

会場は月のハシノマエ演劇祭で伊香保バンギャルズのメンバーが「ダンス&クラウン・ショー☆ア・ラ・ラ・モード」を上演した交水社の2Fです。

 

「ダンス・のをあある朔太郎を踊る」

開催場所 交水社2階 前橋市城東町1丁目1-11 Tel.027-289-4776
開催日 20145 18日(日)開場15時 開演1530分(1630分終了予定)
出演者 Abe”M”ARIA 大木静花+にれいとしゆき+たいりじろー+新井隆人 根岸由季 山賀ざくろ
料金 1500円(1ドリンク付き) 前売り、事前予約等はありませんので、当日直接会場にお越しください。

f:id:yamagazakuro:20140506010702j:plain